必見!ウェディングドレスのレンタルならココ☆

Home > ウェディングドレスのレンタルについて > ウェディングドレスのレンタルは事前調査が肝心

ウェディングドレスのレンタルは事前調査が肝心

 女性にとってウェディングドレスを着ることは生涯のなかでトップクラスの憧れの存在です。
しかしそれを着ようとすればたった1回だけであるにもかかわらず、かなりの高額な費用を覚悟しなければなりません。
そんなために多くの女性たちはウェディングドレスを購入するのではなくてレンタルしようとして少しでも安くしようともくろみます。
けどそのレンタルをする場合には何よりも徹底した事前調査を落とし穴がないように気を付けないとなりません。
まず第一にレンタルする場合の費用はピンからキリまでいろいろです。
安いのだと数万円程度で済むのもあれば高いのだと50万円クラスになることもあります。
複数のアンケート調査による回答では20万円から35万円程度の利用が多くを占めていて、それよりも安くあるいは高くは少数派となっています。

 そのウェディングドレスをレンタルするときには大抵の業者さんでは事前予約をすることが求められています。
事前予約をしている理由の1つは試着することが前提だからです。
というのは試着しないと自分自身の体型にあった衣装を確認ができないからです。
その試着をするための時間にかなり取られるので予約が必要になります。
もう1つ注意することは予約しても常にお気に入りの衣装が着れるという保証はありません。
というのはお気に入りの衣装は人気が高くてすでに先客が予定日を差し押さえてるということもあり得るからです。
なので衣装自体を選ぶのにも時間がかかります。
状況次第では1つのレンタルショップでは見つけることができなくて2番目や3番目のショップを予約してまた選びなおすということも考慮しなければなりません。

 しかしそれ以上にさらに要注意するべきことは結婚式場の存在です。
ウェディングドレスは結婚式場でもレンタルしていて、その気になればそこで借りることも可能ですし、実際に多くの人が借りています。
その際に一部の式場の一部のプランでは通常よりも大幅に安い包括プランなるものが存在する場合もあります。
その包括プランでは衣装代を含めて全部でいくらと最初から込々で販売されてるプランです。
けどその包括プランを利用する場合は盲点として借りられる衣装が無制限とは限らず、選べる衣装が限られることも考慮しておかねばなりません。
それを知らずにいきなり契約するとトラブルのもとになりかねないので契約前に詳細をよく把握しないとなりません。
また結婚式場ではドレスは式場が用意したのを着ることが前提で成り立っています。
そのため自分で購入したあるいは外部の業者から借りてきたドレスはドレスの持ち込み料金がかかる場合もあるし、禁止している式場もあることを先刻承知しておかねばなりません。
なお外部業者から借りた衣装は翌日に返すのが一般的なルールとなっています。

次の記事へ